保険が適用される包茎もある

保険が適用される包茎もある

包茎手術は保険が適用されないため費用が高額になりますが、保険が適用されるケースも一部だけあります。しかし、ほとんどのケースでは保険が適用されないため、基本的には高額な費用がかかると考えておいたほうが良いです。包茎は見た目の問題が大きな問題で、生活を送る上では特に問題とならないため、保険は適用されません。包茎は病気とは判断されないわけですね。

 

では、保険が適用される包茎はどんなものなのでしょうか。真性包茎と呼ばれるタイプは、衛生上の問題が発生し、病気になるリスクを抱えているため保険が適用される可能性が高いです。皮をむくことができず、中に雑菌が繁殖してしまえば皮膚炎や性病にかかる事もあります。本人だけの問題ではなく、パートナーに影響する事もありこの場合は保険を利用して治療が出来ます。費用はかなり抑えられていて、数万円程度とお安くなります。
また、カントン包茎と言うタイプも、亀頭がうっ血して壊死することがあるため、手術が必要な病気と判断できます。壊死すれば最悪切断の可能性もあり治療が必要だと判断できます。この場合ももちろん保険が適用され数万円程度と費用はお安いです。

 

このように病気に結びついてしまう場合は、保険が適用できます。